2017年04月17日

かすみがうらマラソン 兼 国際盲人マラソン2017 

かすみがうらマラソン 兼 国際盲人マラソン2017 
42.195 km 4時間47分15秒 完走しました 8.8 km/h (06'48 /km)

気温26℃

何も言うことなし

何も得ることのなかったただただ苦しいだけの5時間でした

結果的にはチームに入る前からの自身ワーストタイムを大幅更新しました

私が走れる気温じゃなかった

教訓としては次回からこんな天気になったらDNSを選択する勇気を持たなくてはいけないね

途中コース上でバタバタと倒れていくランナーを助ける気力もなく見捨てるように黙々と前だけ向いて走っていたが、それもどちらかから歩きだした

トータルで5kmは歩いたいるような気もする

生きてて良かった
posted by やまちゃん at 11:22| Comment(4) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

勝田マラソン 念願の別大参加標準記録

第65回 勝田全国マラソン42.195 km 3時間26分23秒 完走しました 12.3 km/h (04'53 /km)

勝田マラソン

エントリーするときから時期的にこの大会が勝負だとは認識していました

今月に入って通勤ランも4分台にこだわりチーム練も頑張りました

スピードに対する恐怖感はなくなり4分50秒辺りで走ってても不安がなくなってきていたので狙ってみようと挑んだ大会


スタートのタイムロスが初めての参加大会で見当もつかずネット勝負で走り始める

スタートを越すのに2.5分かかってた

その後も1km程度は渋滞でペースアップ出来ないが700m過ぎの右折と同時に四車線道路をめいいっぱい使ったコースで一気に流れ出す

ここからは斜め走行はしないように気を付けてコースの右端で自分のペースを崩さないように走る

正直いってネット3.5はマストだと思いながら走っていたがハーフ過ぎた辺りでグロスで3.5ペースなポジショニングだと気がつく

目の前を別大がちらつく(笑)

調子は悪くない!

このままのペースで頑張ればいいのだから狙ってやろうとここで思う

しかし調子がいいと思ってたのも30kmまで

ここからは徐々に足が痛み出す

けどフォームを意識して走ればタイムは落ちない

辛いけどフォームをよくして足を引き上げるタイミングを遅らせないように気にして走り続ける

上り坂では5分台もあったが全体としては4分台で走れたいる

バロメーターとしては下り坂でペースを上げられたのが自信に繋がった

勝田は緩い上り坂と下り坂が繰り返されるが足が終わってくると下り坂で速く走れなくなる

自分では元気だと思っていても下り坂でペースが上がらなければ限界を迎えている証拠

しかし今日は最後まで下り坂でペースを上げられた

足は痛いが下り坂のペースアップでまだ行ける!まだ行ける!と自分を鼓舞する

最後の最後は疲れると心肺を追い込むほどスピードを出せない時もあるが今日は違った

タイムはイーブンでも本人としては相当な追い込みをしてペースアップしている

心臓もバクバク肺もヒーヒー

最後は出しきってのゴール

ゴールの時計が2時間29分台だったのを確認しながらゴールしたのであまりの嬉しさにゴールでジャンプしてしまった(笑)

最近チーム練でジャンプしてないけどチームの血がそうさせたか?(笑)

大満足の大会でした

5:25 4:50 4:49 4:46 4:50

4:53 4:54 4:52 4:58 4:52

4:52 4:53 4:47 4:41 5:09

4:49 4:50 4:56 4:51 4:51

4:54 4:54 4:54 4:51 4:56

4:54 4:52 4:59 5:02 4:52

4:54 4:58 4:57 5:00 5:03

5:01 4:57 4:49 5:03 4:52

5:00 4:32
posted by やまちゃん at 19:06| Comment(4) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

第7回湘南藤沢市民マラソン

第7回湘南藤沢市民マラソン 1時間19分36秒 完走しました 12.2 km/h (04'55 /km)

気温3℃

恒例の湘南藤沢市民マラソン

毎年参加のこのレースはいつも真剣に走ろうと思うもののスタート直後の渋滞で記録が出せない

だからと言ってBゼッケンでエントリーする勇気もなく毎年Cゼッケン

今年もそうでした^^

スタート前に駅から会場に向かう集団から外れて灯台方面に散歩

会場には1万人規模の人が大勢なのに灯台方面はいつもの早朝の江ノ島の静けさ

このギャップが面白かった

島の上の誰もこないトイレで軽量化済ませ集合場所に

もう既にみなさん着替えててスタートの列に向かう寸前でした

さっと着替えて荷物預けてスタートラインに向かいましたが時既に遅くCVゼッケンのエリアにはたどり着けず最後尾のFでスタート

案の定最初の1kmは約7分

その後も3km地点まで思うように走れない

若干隙間ができてきた4km辺りから縫うように走ってペースアップ

ところが折り返して先頭集団と合流する竜宮橋から車線規制でまたまた狭くなったコースで渋滞ぎみ

抜かすことを諦めてここでファンラン決定

後は写真撮ったりして足を止めるkともしばしば

つるのさんとコースで写真撮れたのも嬉しかった^^

来週の勝田にはいい感じのペース走にはなったかな

今日のペース(4′40″/km程度)だとハーフの先が心配だ

やっぱり4′50″/kmを切らない辺りのギリギリペースで計算しないとフルは後半持たないと思う

この1週間の生活が大事になるけど毎年のことながら今週から現場が忙しくなるのが分かっているので思うように走れないと思うのが憂鬱でもある

6:44 5:32 5:02 4:48 4:36

4:33 4:41 4:43 5:02 4:47

4:37 4:44 4:45 5:23 4:54

4:32
posted by やまちゃん at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

湘南国際マラソン

第11回 湘南国際マラソン
42.195 km 3時間38分55秒 完走しました 11.6 km/h (05'11 /km)

気温12℃

シーズン最大のイベント湘南国際マラソン

チームとしてはこの大会は外せない

今回は試験的に時計を見ないで走ることを試してみた

今までが時計に縛られて無理にペースを維持して30kmの壁にぶち当たっていた

なので今回は時計を見ないで体感的に走り体に無理をしない方法を採ってみた

レース序盤は逆に突っ込みすぎるので時計を気にしながら5kmで25分

10kmで50分を切らないようにペースコントロール

9km付近まで時計を見て走りそこで時計をランパンのポケットにしまう

その後は体に染み付いたペースで走り続ける

江ノ島の折り返しの大声援までは気持ちよく走れていたが折り返してからの松林の寂しいコースは段々辛くなってくる

それでも丁度いいところを探しながらペースは落ち着く

いったい自分が何分で走っているのか分からないがこのあたりで流れより若干遅いので雰囲気で遅れているのが分かる

30km過ぎても何時ものような大ブレーキはこなかったので初めて西湘バイパスを順調に走れた

35km地点に時計があって表示時間をみたら12時2分だった

スタートが9時なので3.5ペースだと11時55分で通過しなくちゃいけないのは知っている

ざっと7分の遅刻

ここから5分/kmで走れない道から今日も3時間40分程度かな?簡単に予想ができた

42kmで初めて時計を確認すると案の定そんなタイム

グロスで3時間40分を秒差で切ったところでゴール出来ました

ゴール後も足腰はダメージは有りましたがいつもほどではなく普通に歩けるし

この程度のレースメイクで走りきるのが一番いいですね

この体感で3.5で走るための練習を今後しなくちゃいけないと痛感

楽に走って10km45分とかで入れればその先が見えてくるのかな??

よくわからないや(笑)

5:23 4:55 4:59 5:00 5:01

5:07 5:02 5:08 5:11 5:08

5:08 5:06 5:04 5:02 5:08

5:08 5:04 5:06 5:34 4:51

5:12 5:12 5:05 5:26 5:22

5:14 5:14 5:13 5:18 5:17

5:15 5:18 5:18 5:24 5:23

5:31 5:24 5:34 5:31 5:23

5:15 4:55

今日もメンバーのスライドでエールの交換が本当に力になった

チームにとって湘南は本当に楽しい大会です

full_m.pdf
full_w.pdf
posted by やまちゃん at 20:11| Comment(2) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

丹沢湖ハーフマラソンに初参加

21.570 km 1時間48分56秒 走りました 11.9 km/h (05'03 /km) 第38回丹沢湖ハーフマラソン

気温11℃

初参加の丹沢湖ハーフマラソン

湘南の一週間前ですが毎年TGさんはじめ多くのチームメンバーが参加しているこの大会

いつも楽しそうで興味津々でした

天気予報は一進一退の攻防でしたが当日はレースの時間だけ雨が上がる奇跡

神様っているんですね^^

肝心の大会ですが湘南の1週間前なので気持ちよくレースペースで走り切ろうと考えていました

スタート直後のハイテンションでペースが速く最初の5kmで予定より1分早く通過

長袖のインナー一枚きて走っていたが気温の割に暑く感じ、汗も噴き出してくる

8km通過前にどうにも暑くて我慢できず途中道をそれてインナーを脱ぎ腰に巻いて走り出す

ここでの1kmラップが5分40秒で丁度Ave5分/kmに戻った

身体も汗が引いてきてここから順調にラップを重ねるつもりでしたがラップは伸びずずるずるとタイムは落ちてくる

10km地点のエイドで御饅頭がとっても美味しそうだったのでついつい足を止めて饅頭と最中を頂きお食事モード

ドリンクもしっかりとってリスタート

ここでも5分40秒かかってしまった

結局この後はどう頑張っても5分を切れずどんどん借金は膨れて行き105分目標でゴールしてみたら109分と本人も驚くほどのタイムでした

休みはしたけど走っている途中では流すことなく頑張って走った結果がこれだったので結構ショックです

この1週間は無理せず過ごして休養ばっちりで湘南をむかえたい

5:08 4:40 4:46 4:52 4:52

4:59 5:06 5:43 5:07 5:40

5:05 5:03 5:16 5:14 5:01

5:02 5:13 5:11 5:14 5:01

4:52 1:42

GPSと大会の距離表示に結構な差を感じた

ハーフ走って200mの差はちょっとタイム管理には厳しい差だと思う

丹沢は真直ぐの道が少なくそのために誤差が広がっていったのかな?

ハーフ男子総合.pdf

ハーフ女子総合.pdf
posted by やまちゃん at 09:03| Comment(2) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

ぐんまマラソン

第26回 ぐんまマラソン42.620 km 3時間38分44秒 完走しました 11.7 km/h (05'07 /km)

気温14℃

去年に引き続きぐんまマラソン(群馬県民マラソン改め)に参加してきました

昨年はネガティブ何ちゃらでレース後も元気な終わり方をしてPB更新と最高のレースだったこの大会

今回はPB更新よりも悲願の3.5をゲットするためのレースと位置づけて挑みました

昨年と違いスタート時間が1時間遅く9時に変更され、天気予報も昼には20℃近くまで気温上昇するとか言っていたので嫌な感じでした

尚且つ低気圧の関係で日中は北風が強く赤城山の吹き降しの風が吹き荒れる予想

そんな中のレーススタートでした

昨年のレースではスタートからの5kmで全体の流れにのって追い抜くことはしなかったので5kmまででサブ3.5ペースから1分の借金をしていました

その後の10km過ぎの長くゆるい登りでも1分の借金

30km過ぎの強風でやはり1分の借金で最終的に3時間33分でのゴール

今年はこの3区間でのそれぞれ1分ずつした借金をしないレース展開で頑張るつもり

35km通過時点で2時間55分(きっちり5分/kmAve)で体に余裕があればラストスパートかけようと思っていました

グロス勝負なのでスタート号砲で時計をスタート

スタートライン通過時点で30秒のビハインドでした

最初の5kmは縫うように走りますが他の大会に比べて嘘つきエントリーの人が極端に少ないのでそんなに苦労しないで順調なペースに乗れました

概ね5kmを25分で走ればいいと思っていて(本当は24分50秒)5kmごとに時計を見て確認するようにしてました

最初の5kmが25分4秒とスタートの30秒の借金を考えると実質サブ3.5ペース

次の5kmで最後尾スタートのエリックワイナイナに追い越される

去年は5kmの折り返し地点過ぎで抜かれたが今年は10kmまで粘れてる

先頭スタートしないで最後尾からすべてのランナーに声をかけながら走ってくれる彼の姿に尊敬と感謝

10kmから13kmの登りも今年は意識して走りその区間は1km当り5分を切れていないが15km地点でのラップも順調に目標タイムで走り切れている

非常にいいペースだしそれほど苦しくもない

しかし去年ネガティブで走った時よりも体にかかる負荷を若干感じてはいた

1kmのラップにするとたかだか5秒程度の差なのだろうが、その差が大きい

この後も順調にラップを重ねて30km通過地点で2時間4分とほぼ目標タイムで走ってきてはいた

しかしこの時点で相当無をしている幹事は自信でも分かっていてその後どこで足が売り切れるのか??って状態だった

案の定31kmを通過してから一気に足が固まり大ブレーキ

目標の35km地点で2時間55分以内での通過を目標に何とか粘りますが35km地点で2時間56分でTHE END

この先ペースアップして挽回する元気も気力もなくずるずるとスピードは落ちていく

しかしここで気持ちを入れ替えて勝負するは自信にありと切り替えてゴールするまでは絶対に歩かないって決めて走る体だけはキープ

35km過ぎからはコース変更で無駄にアップダウンを繰り返す河川脇の歩道を走らされグロス3.5の夢が露と消えた私の周りの集団は歩く人だらけ

3.5が出来た人たちは我々より5分から10分前だし

サブ4の人たちは15分程度後ろなので丁度この辺りの集団だけ30kmの壁にぶち当たった異様な集団でした(笑)

兎に角みんな遅い^^

仮装して前半に軽やかに走っていたサラリーマン・タイガーマスク・工事現場のおっさん・ぐんまちゃんetc

みんな元気なく歩いてました

結局は30kmの壁と追い打ちをかける赤城の吹き降しの風、それから無駄なアップダウンに苦しんだラスト12.195kmを走り切り秒差セカンドベストの3時間38分44秒(グロス)でゴール

ゴール後は元気だったら友人のお迎えランをしようかと思っていましたが一歩も動けず完走証を貰いに行くまでも遠い遠い

荷物預かりで荷物を受け取ったところで両足と腹筋・二の腕を同時に攣りました

今回は腕振りと体幹は結構意識して走っていたのでそのせいだと思いますがこの腹筋と二の腕を攣ったのは内心嬉しかった

今回の反省としてはタイムを目標に走るのは今後はやめにしようと固く決心しました

今後は時計を気にしないで体の負荷と相談しながら走り結果はその後に考える事とします

練習はちゃんとして負荷を感じない基本的な自身のスピードアップは日々鍛えてレースではタイムから逆算してレースペースを決める走りはしない様にしよう

そうすれば何時か気持ちよくサブ3.5を達成できると信じて今後は練習を確りしていこう

5:27 5:03 4:59 4:58 4:55 0:25:34(25:04)

4:50 4:48 4:51 4:57 5:08 0:50:04(24:30)

5:03 5:03 5:08 4:54 4:56 1:15:02(24:58)

4:49 4:58 4:57 4:56 4:56 1:39:34(24:32)

5:02 4:53 5:02 5:00 4:57 2:04:27(24:53)

5:02 4:59 5:02 4:55 5:05 2:29:39(25:12)

5:05 5:14 5:27 5:31 5:33 2:56:25(26:46)

5:18 5:57 6:06 5:56 5:41 3:25:38(29:13)

6:00 6:02 1:00         3:38:44
posted by やまちゃん at 10:00| Comment(2) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

第45回 タートルマラソン国際大会 兼 第19回 バリアフリータートルマラソン大会

第45回 タートルマラソン国際大会 兼 第19回 バリアフリータートルマラソン大会
21.180 km 1時間41分53秒 完走しました 12.5 km/h (04'48 /km)

気温19℃

今年もタートルマラソンを走ってきました

このレースは湘南が11月3日だった頃からの2週間前調整レースとして

毎年望んでいるレース

二年前が1:44:18で湘南が3:54:24で初サブ4達成

去年が1:43:44で群馬3:33:15

徐々ですが記録を伸ばしている

しかし去年は95分を狙ってスタートして4kmで撃沈してその後

耐えに耐えてなんとかゴールした苦い経験がある

今年はペースを考えてレースをしようと最初から無理はしない

理想は99分で走りたかったがスタートして混雑が切れた2km過ぎても

99分のために必要な4′44″/kmのペースが出せない

無理すれば数キロは走れるのだろうが今の自分にはこの数秒がキツイ

結局4′50″/km前後で終始走りきる安定したペースで走れた

20km地点にNMさんがいて応援してくれましたがゴール後にNMさん

と再会したときに20km地点でわらって手を振っているようじゃダメでしょ!

って叱られました

レースメークをする余り自分を出し切ることをしてなかったかな

2週間後の群馬のペースをどの程度にするか悩ましいが去年はこのペースより

遅く走ったタートルの後の群馬でPBの3時間33分を出せている

そう考えれば望みは大きい

この2週間の練習次第なのかな? やれることはやりきりたい

帰りに同行メンバーで色々話して帰ったけど色々考えるとチームの素晴らしさ

に改めて気がつく

チームの皆さんは隠さず練習をオープンにして頑張っている

その姿をお互いがSNSなりを観てお互いを刺激しあって日々練習している

そこに嘘も誤魔化しもない

だから頑張れる気がするし、実際にそうやってこのSNSを活用している

他所のチームはコッソリ隠れて練習して表面的には練習していないような

振りをするチームもあるそうだ

それって違うと思うな〜〜〜

5:01 4:50 4:48 4:53 4:53

4:55 5:02 4:52 4:50 4:46

4:46 4:53 4:59 4:47 4:52

4:49 4:53 4:48 4:54 4:49 4:24
posted by やまちゃん at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする